こんばんは!
本日、ブログ担当村上です。
            
        
突然ですが…
みなさん日焼け止めは
何を基準に選んでいますか??

価格、着け心地、匂い、効果…etc
いろいろある中でも
みなさん共通するのは
SPF値の高さですよね☆                  
現在日本で販売されている物としては
SPF値は50が最高なので、
これを選ぶという方が多いようです。
               
                          
SPFとは…紫外線のなかでも
UV-B波により肌が黒くなる、
いわゆるサンタンを防ぐ効果の高さを表します。
でも、実は地表に届く紫外線のうち
95%がUV-A波であることを
知っている方はまだまだ
少ないようです( ゚Д゚)
            
       
紫外線にはA波とB波があり、
波長の短いB波は太陽の近くなる
夏の時期を除くと
あまり地表まで届きません。
だから冬にはあまり日焼けで肌が黒くなる
ということがないんですね。
一方のA波は波長が長く、
一年中地表まで降り注いでいて、
窓ガラスなども通過してしまう
ことが分かっています。
            
しかも、肌の奥真皮まで
到達してしまうので、
浴び続けることにより
真皮層にあるコラーゲンや
エラスチンが破壊され、
しわ、たるみなどの深刻な
肌の老化をどんどん進めてしまうんです。
そのA波が特に強くなるのが
今の時期なんです!!!(+_+)
             
怖い話になってしまいましたが…
A波ももちろん日焼け止めで
防ぐことができます☆
そこでチェックしてほしいのがPA値です!!
日焼け止めには効果の高さとして
SPFのほかにPA値が記載されていて、
+の数で表されます☆

PA値の基準としては…
          
          
炎天下でのレジャーやマリンスポーツではPA++++(フォープラス)
屋外でのスポーツにはPA+++
日常生活ではPA++か+
が目安となります。
         
      
値が高ければ高いほどいいかというと、
やはり効果の高い分紫外線吸収剤という
化学物質が多く含まれる為
肌への負担も多くなります…
用途に合わせて、
普段使い用の値の低い物と、
レジャーなどのための効果の高い物を
用意しておいて使い分けるのが
お肌を健康に保つために必要ですね(^^♪
                   
                     
  
                
                 
お肌の老化はその8割が
紫外線によるものと言われていますから…
逆に言えば紫外線さえしっかりと
防いでおけば年齢を重ねても
お肌は若いままで
いられることになりますよね☆
お顔だけでなく、
年齢が出るといわれる手にもしっかりと
日焼け対策をしてあげてくださいね( *´艸`)