こんばんは^^
今週ブログ担当の千佳です。

爪を切ったり、ネイルしたいりしている
人はいると思いますが…

ネイルをしたときはよく見ても、
普段は爪のことを意識している人は少ないのでは?

今回は意外と知らない「爪」のこと
素朴な疑問をまとめてみました。
                    
                      

      
                            
【1】爪の伸びる早さは?
一般的に爪の伸びる早さは実は…10代前半がピークです!
加齢とともに伸びる早さが遅くなるんです。
伸びる早さを平均すると、以下のようになります。
            
 手の爪: 1日0.1~1mm
 足の爪: 1日0.5mm
           
1日でこんなに伸びてたんですね!
びっくりですね。

爪が伸びる早さは、遺伝子などの個人差もありますが、
行動量によっても差ができます。
 
指先や足先に刺激が多いほど、
爪は早く伸びると言われています。
そのため、手の爪の方が足の爪よりも早く伸びます。
また、睡眠時間にも影響します。
爪というものは本来皮膚の一部の細胞が
死んで変化したものなのです。(+o+)
そのため、活動時間が長く、睡眠時間が短い人ほど、
細胞の死滅が激しく、それだけ爪も早く伸びます。
              
              
【2】爪って何の成分でできているの?
爪も髪も主にタンパク質からできています。

納豆や卵など良質タンパク質を
多く含んだ食品を毎日摂取していると、
髪の毛や爪に張りができて、
美しく見えるようになります。
また、いい爪はネイルやマニキュアが
のりやすいと言われるため、
タンパク質を多く摂取することをおすすめします。
        
ちなみに、ボディビルダーなど、
普段からプロテインを飲んでいる方の
爪や髪の毛は驚くほどツヤツヤだそうです。(笑)
         
        
【4】健康な爪は健康の証って本当?
新陳代謝がいいと爪が伸びやすいんです。
新陳代謝がいいと、それだけ体は活発に動いている証拠です。

爪が淡黒くなっていたり、黄色っぽくなると、
脳に異常があったり、胆汁分泌障害など、
爪の色によって体のおかしな部分が
わかると言われています。
なのできれいな爪は健康の証なんです。
                   
                   

                  
いかがでしたか?
何気なく切ってたい爪…
皆さんはどれくらい知っていましたか?